ジェルネイルの持ちをよくする方法

こんにちは、名古屋プライベートネイルサロンtooko nailの安江です。
今回は、ジェルネイルの【持ち】についてです。皆さんはジェルネイルを付けてから、大体何日後に剥がれたり、欠けたりしますか?基本的にジェルネイルの付替え周期は3~4週間と言われています。次回のご予約までに、ジェルネイルがどこも取れていない方が嬉しいですよね!なのでジェルネイルが取れにくくなる裏技をご紹介します☆

ジェルネイルの剥がれ方から考える

爪の先端から剥がれる


基本ジェルネイルは爪の先にも覆うように塗布して、剥がれにくくします。爪先をよく使う方は、ジェルネイルがついている爪先で物を扱いすぎるのかもしれません。例えば爪先でテープを剥がしたり、髪を洗う際爪を立てて洗ったりです。心当たりがある方は、その行為が先端からジェルネイルが剥がれる原因に繋がることがありますなにで、爪先はあまり使わず、指の腹をつかってあげると爪に優しいですよ!

爪の根元から剥がれる

水仕事が多い方はよくなります基本的にジェルネイルは水に弱いです。なので仕事で水をよく使う方や、家事で毎日水を使う方はなりやすいですね。そういった場合は水仕事の時はゴム手袋を使うといいですよ!慣れるまで多少時間がかかるかもしれませんが、これが原因の方は対処できるかもしれません。

爪の横から剥がれる

爪の横から剥がれる場合は、爪自体が何かの衝撃で曲がり、その時に爪とジェルネイルの間に空気が入り剥がれることが多いです。爪が曲がりやすい方は爪が薄いかったり、弱い方が多いです。もともとの爪が弱い方はなるべくジェルネイルをする場合は、1番短い爪にしてから塗布しましょう!

生活習慣から考える

温泉、プール、海、サウナによく行かれる方

こういった方はジェルの持ちはあまりよくありません。先ほど書いた通り、ジェルネイルは水に弱いのと熱にも弱いのです。取れやすくなるということだけは知っておくといいかもしれませんね。

爪や手をよく使う方

マニュキアよりも持ちが良いのが特徴のジェルネイルですが、やはりよく使うと取れやすい原因になります。水を使う方はゴム手袋を使う、爪先ではなく指先を使うようにするなど、意識的に気をつけれると良いですね!

関連記事

  1. 気になる甘皮、処理は必要なのか?

  2. 爪を噛む癖がある方へ、ジェルネイルはいかがですか?

  3. ジェルネイルの筆

  4. ジェルネイルを綺麗に保つ!ホームケアの方法

  5. 子育て中にジェルネイルをしても良いのか?

  6. 自分でするネイルオフが危険な理由

tooko nailのLINE@です

LINE@では爪に関する悩みやデザインについて質問いただけます。
ぜひ、友達登録してください。


友だち追加